【リポセル】
よくある疑問・質問まとめ

リポセルの特徴や効果、また他の痩身施術との違いについてまとめてみました。
それぞれの施術にメリット・デメリットがあるので、自分に合った痩身施術を選ぶためにも把握しておくと便利です。

リポセルの特徴・効果

メスを入れずに部分痩せが叶う!

超音波による熱で皮下脂肪を破壊するリポセルは、脂肪吸引と違い、身体に傷が残ることはありません。
痩身効果についても脂肪細胞そのものを破壊して体外へ排出することから、リバウンドがほとんどないと言われています。

ただ、脂肪細胞を破壊できるのは照射した部分だけになるので、全体的に痩せるというようりも部分痩せに特化した施術となります。

痩身効果を実感するまでに時間が必要ですが、1度の照射でもサイズダウンが叶うのでおすすめです。

次のページでは、リポセルの詳しい特徴やメリット・デメリットをまとめてみました。

リポセルと
その他切らない脂肪吸引の違い

ライポソニックス、クルスカ、
脂肪融解注射と比較

リポセルのように切らない痩身施術は、複数あります。

リポセルと比べられる代表的な施術は、同じように熱を加えて脂肪細胞を破壊するライポソニックスやウルトラアクセント、逆に脂肪を凍らせることで破壊するクールスカルプティングなどです。

また、筋肉を鍛えながら脂肪を燃焼させるエムスカルプトや、脂肪を融解させる成分を体内に入れる脂肪融解注射(メソセラピー)も切らない痩身施術として美容クリニックに導入されています。

次のページでは、これらの切らない痩身施術とリポセルがどう違うのか詳しく解説します。

リポセルと
他の痩身治療の併用について

一緒に他の痩身施術を行っても大丈夫!

リポセルと他の治療との併用は、特に禁止されていません。
クリニックによっては、期待する効果の程や悩みに応じてリポセルと他の痩身施術を勧めているところもあります。

例えば、BNLSなどの脂肪を減らす注射の併用が多く勧められています。

また、過去に脂肪吸引をおこなった部位にもリポセルの照射は可能。
ただし、組織や見た目の変化から最低でも3ヶ月はあけてからの施術が推奨されています。
これは、リポセルを同じ部位に受ける2回受ける場合でも同じで、期間をあける事で回数制限なく受けることができます。

【注意】
リポセルが受けられない人

当てはまっていないか事前にチェック!

以下の項目に該当する方はリポセルを受けることができません。
自分は当てはまっていないか事前に確認をお願いします。

  1. 施術部位に金属糸
    または金属プレートなどを入れている
  2. 施術部位に重篤な皮膚疾患および感染症がある
  3. アルコール中毒や薬物中毒、精神神経症である
  4. 出血性疾患がある
  5. 心臓ペースメーカーなど
    埋込み型医療機器を使用している
  6. 悪性腫瘍を有する
  7. 妊娠している

最安7万台で部分痩せ!
東京でリポセルが受けられる
クリニックBEST3

リーズナブルに部分痩せしたい人へ向けて、
東京都内のリポセルの料金を調査!
料金が安い順に、クリニックの特徴や評判を紹介します。

芦屋美容
クリニック
芦屋美容クリニックのHPキャプチャ

TEL:03-6263-8508

1回

20サイト
72,600円
※217,800円/3回のプランから計算
セオリー
クリニック
セオリークリニックのHPキャプチャ

TEL:03-6228-6617

1回

20サイト
165,000円
クロスクリニック銀座
クロスクリニック銀座のHPキャプチャ

TEL:0120-51-2590

1回

20サイト
160,000円

※体の部位ごとの照射目安
1サイト=3cm×3cm

  • お腹 20~30サイト
  • 二の腕 20サイト
  • 太もも 20~30サイト
※芦屋美容クリニックの料金は、217,800円/3回のプランから計算